アッターガウ鉄道


 リンツ〜ザルツブルグ間にあるVoecklamarkt駅からアッター湖畔まで13kmメーターゲージの電化路線が伸びています。近所にあるフォルヒドルフ鉄道やトラウンゼー鉄道に乗った後こちらも乗りくらべてみることにしました。


★Voecklamarkt駅

 まずはOeBBとの乗換駅Voecklamarkt駅の画像から。アッターガウ鉄道はリンツ方面の列車と対面乗り換えができます。アッターガウの車両はごくシンプルな顔ですがOeBBの鈍行が近年ありがちなデザインのボンバルディアの標準型なので並ぶと古風に見えます。


★車内の様子

 訪問時運用についていたのは1951年製の電車。ワンマン・運賃先払い・途中駅での降車は事前申告が必要というシステムなので運転席に発券機が備え付けられています。整備が行き届いた車内はフォルヒドルフ鉄道やトラウンゼー鉄道と同じような雰囲気ですが、こちらはベンチ状の座席なのでやや簡素な感じ。

 前後扉からはデッキを介して客室に入ることになりますが、中央扉の脇にはロングシートと折り畳みシートがあり床面積を広くとってあります。


★車窓

 車窓はVoecklamarkt駅を出てしばらくが木立、その後は緑がまぶしい丘をぬって、という順で結構高低差があるなかを小気味よく登り降りしていきます。途中の小駅がいいアクセント。


★Attersee駅

 Voecklamarkt駅から13km、25分で終点のAttersee駅に到着。この駅には車庫があり留置されている車両が見えたので以下画像を貼っておきます。駅も車両もキレイでかわいらしく模型みたい。逆の話になりますがこれならリアル派でもウェザリングの手間がだいぶ省けそうですね。

 フォルヒドルフ鉄道やトラウンゼー鉄道と同じ塗色の車両も。今後他の車両もこの色に変わっていくのでしょうか。

 駅の先はすぐアッター湖が広がっています。私は例によってとんぼ返りですがこの辺りはいるだけで気持ちいいところなのでトクした気分。


★交換駅

 Attersee駅とならぶ主要駅が交換駅のSt.Georgen駅。ここで復路途中下車してみました。

 腰の目玉がかわいらしい旧型車両。これと同型の車両がピカピカの状態でトラウンゼー鉄道のVorchdorf-Eggenberg駅にいましたが、こちらではちょっとくたびれ気味です。事業用にしてもあまり使ってないのかな?作業車もいい味わいです。

 枕木を積んだ無蓋車を見たら線路沿いをVoecklamarkt方面へ少し歩いてみます。緑と青空が映える沿線は気持ちよくどこも公園に見えるほど。次はあわただしい乗り鉄ではなくゆっくりしに来たいと思わせられるものがありました。


景色は乗った後に(遠距離館)オーストリアもくじ>このページ

inserted by FC2 system