ローカル電車でグムンデンへ


 リンツ〜ザルツブルグ間にあるLambach駅からフォルヒドルフ鉄道という標準軌の小さな電化路線が出ていて、その終点Vorchdorf-Eggenberg駅からさらにトラウン湖畔の町グムンデンまでトラウンゼー鉄道というメーターゲージの電化路線が伸びています。ここではこの2つの路線を乗り継いだときの模様を紹介します。


★フォルヒドルフ鉄道

 まずOeBBとフォルヒドルフ鉄道の乗換駅Lambach駅から話を始めます。乗ってきたOeBBの鈍行は大きなスノープラウが目立つボンバルディアの標準型電車。この辺りの鈍行はこの車両ばかりでした。降りて駅の発車案内を見るとOeBBとフォルヒドルフ鉄道の時刻が一緒に表示されています。

 フォルヒドルフ鉄道はLambach駅本屋側のホームにくっついた頭端式ホームから出ています。キレイなホームや架線柱を見ていたらやって来た電車もピカピカ。この車両は1953年製と相当のベテランなのですが古さを感じさせない整備っぷりにびっくりです。

 車内は大きい窓とゆったりとしたボックスシートの優雅な雰囲気。運転席は個室ではなく、運賃はワンマン先払い方式です。

 乗るのはLambachから終点のVorchdorf-Eggenbergまで15km弱24分間、釣り掛け音を響かせ軽やかに林やトウモロコシ畑の中を走っていきます。なお途中駅は乗降客がいない場合通過するため、降車客は事前に運転席まで行って運転士さんに降りる旨知らせていました。降車ボタンのような申告装置はありません。


★乗換駅

 落ち着く間もなく終点のVorchdorf-Eggenberg駅に着きました。ホームの奥には車庫が広がっています。


★トラウンゼー鉄道

 フォルヒドルフ鉄道に隣接してトラウンゼー鉄道のホームと車庫が広がっています。両線の雰囲気はよく似ているので線路の幅をよく見なければ規格が違うことに気がつかないまま乗り換えてしまいそうです。側線の外れに1921年製の単車が見えたので近寄ってみると非常にキレイでうれしくなりました。

 乗り換えたトラウンゼー鉄道の車両も1954年製とフォルヒドルフ鉄道で乗った車両と同時代のベテランですがやはりよく整備され車内には新しい座席が並び古さを感じさせません。

 この車両は扉付近にデッキがあり客室と運転室が別ですがワンマン運賃先払い・申告降車方式はフォルヒドルフ鉄道と同じなので降りるときはやはり運転士さんに頼む必要があります。車窓の雰囲気は線路の幅が狭まったくらいでそう変わりません。


 26分・15km弱で終点のGmunden-Seebahnhofに到着。グムンデンの町外れに位置し駅舎はなく広々としています。この駅とLembergweg駅の間はOeBBの列車が直通するため標準軌とメーターゲージの3線区間になっていますが、普段はメーターゲージ側のみが使われているため外側の標準軌用レールはだいぶ錆びています。


 ホームの端は機回し用ポイントの先でレールが終わり、すぐにトラウン湖のよい景色が広がっています。グムンデンの中心市街からはやや離れているので静かなところでした。なおここから800mほど先、グムンデンの町中にトラムの停留所があります。このトラムはOeBBのグムンデン駅前まで行く路線ですのでグムンデンの町には2つの鉄道ターミナルがあるということになります。

 さてそんなわけで2つの路線を乗り継ぎあるいは乗りくらべしてみたわけですが、どちらの鉄道も決して新しくはない車両を美しく保ち、それが整った沿線を行く姿は色々な意味での意識の高さをみるようで恐れ入るほかありません。キレイな電車とはこういうものというお手本を見せられた気分です。


景色は乗った後に(遠距離館)オーストリアもくじ>このページ

inserted by FC2 system