トロワバレー蒸気鉄道(前編・Mariembourgの車庫)


 ベルギーに『トロワバレー蒸気鉄道(Chemin de fer a vapeur des trois vallees/直訳は三渓谷蒸気鉄道。「CFV3V」と略されます。)』という保存鉄道があります。ここは蒸気機関車のみならずディーゼル機関車や気動車も動態保存している、つまり気動車に乗れるというので行ってみることにしました。(付近の路線図はこちらにあります。)


 CFV3Vはブリュッセルの南方に位置するシャルルロワという都市からさらに南下したMariembourgという小さな町から出ています。Mariembourg駅まではシャルルロワ南駅(Charleroi Sud)でCouvin行きの気動車に乗って列車により40分〜1時間弱程度です。(Mariembourg駅の西側には町が広がり店やカフェ・レストランなどがあるのでちょっとした買い物や食事・小休止が可能。)

 CFV3Vの乗り場はそのMariembourg駅ではなくやや離れた町外れにあります。Mariembourg駅からCouvinに向かう線路沿いなので分かりにくい位置ではありませんが、駅から線路に沿った道がないので町側を迂回することになり歩いて10分程度かかりました。

 下の画像はどちらもMariembourgのCFV3V入口にある踏切でのもの。左の新しい気動車はMariembourg駅を出発してやって来たCouvin行き、右の画像の建物は機関庫です。ベルギー・フランス国旗と並んで翻るのは高名なベルギービール「シメイ(Chimay)」の旗。ここはシメイからそう遠くない位置にあり、構内にあるカフェ・バー・売店棟でシメイを飲むことができます。


 踏切を渡って構内に入ると広い敷地に多くの車両が見えます。まずはとりあえず機関庫へ。私はあまり蒸気機関車に興味がないので紹介は公式サイトに任せますが、ベルギーのみならず多くの国で製造・活躍していた車両を保存していることに感心しました。


 あまり興味がないといいながら気に入ったのがこの小さな縦型ボイラー蒸気機関車「DG22」。1913年製ということは100年モノです。これはいつか動くところを見たいなあ。


 機関庫の片隅では古い客車がレストア中です。ところでここの蒸気機関車にはなぜか時々ぬいぐるみが置かれていました。何かのゲン担ぎ?とも思いましたが「神棚」はちゃんとあり謎のままです。


 機関庫の外にもたくさんの車両が並んでいます。動態保存されているカラフルな気動車は曇天の雰囲気を明るくしていました。


 一番目立っていたのは紅白のフランス製気動車X3800(愛称は『Picasso/ピカソ』)。単行でも使える気動車ながら運転室が側面上方に出っ張った一ヶ所だけというヘンテコな車両です。(その様子がピカソの絵みたいだということでこの愛称なのだとか。)横にした名鉄パノラマカー状態とでも言えばいいのか、見ていると何とも不思議な気分になってきます。その変わった点も含め洗練されたデザインなので古さを感じさせませんが、1950〜61年の間に増備されたというなかなかの年代モノ車両です。

 そんな『ピカソ』のあとに右のシンプルなベルギーのローカル用気動車(AR46・1952年製)を見ると塗色とあいまってずいぶん渋く感じました。


 ベルギーの気動車は色違いのAR46のほか大きい車体のAR44(1954年製・左の青い車両)が動態保存されています。さらにルクセンブルクで活躍していたドイツ製気動車Z200(1956年製・右の丸っこい車両)もありと蒸気機関車と同様に気動車も各国の車両が集まっていてまたも感心しました。

 と見物しているうちに保存運行列車の発車時刻になりました。この列車に乗ると着いた先に屋内展示の博物館があり話が長くなるのでここまでを前編とします。つづきは■後編をご覧下さい。


景色は乗った後に(遠距離館)ベルギーもくじ>このページ

inserted by FC2 system