メーターゲージのレールバスBuscarril(前編)


 チリの首都サンティアゴから南に250km下るとタルカ(Talca)という内陸の地方都市があり、このタルカから太平洋岸のコンスティトゥシオン(Constitucion)という町までメーターゲージの枝線が延びていてレールバスが1日2往復しています。(この路線は路線自体もレールバスという意味のBuscarrilと呼ばれていました。)

 現存する旅客鉄道が少なく、また広軌が主のチリ南部にメーターゲージの枝線が残っているというのは気になるので乗りに行ってみることにしました。時間の都合でタルカからコンスティトゥシオンまでバスで移動してからこのレールバスでタルカに戻る行程をとったので、まずはコンスティトゥシオン駅から話を始めます。


★コンスティトゥシオン駅

 タルカからのバスを降りたバスターミナルに隣接しているコンスティトゥシオン駅を見てみると、看板にコーラの広告が載っていてなんだか田舎のよろず屋のようでした。構内にカフェがあるからですが、大きなメニューも入り口にかかっているのでいよいよどっちが本業だかわからない雰囲気です。にぎわうバスターミナルとくらべずいぶんとひっそりしているように感じました。列車は朝夕1往復ずつですから無理もないのですけれど。

 ちなみにレールバスでない道路を走る方のバスは同じタルカ〜コンスティトゥシオン間を2時間弱で結び、しかも数社による運行で頻発しています。(タルカのバスターミナルは鉄道駅の裏側にあり駅から徒歩10分程度。)となれば3時間20分もかかるこのか細い路線など廃止されそうな気がします。

 ではなぜこの路線が残されているかというと、レールが敷かれているマウレ川右岸に沿った代替道路がなく、タルカ〜コンスティトゥシオン間のバスはこのメーターゲージから川を挟んでかなり南側に離れた道路を通っているため代替交通にならないからだそうです。このレールバスは1日2往復ながら大変重要な生活路線というわけ。なのでひっそりとした駅舎も発車時間が近づくと人が集まり切符売り場に列ができます。


 ホームにはこれからタルカまでの89kmを3時間20分かけて走るレールバスが待っています。カワイイと言わざるを得ないリブのついた丸っこい車両の3両編成で、エンジンがついている先頭車が後ろ2両を引っ張ります。

 なおこのレールバスは運転台が片方にしかないためウルグアイのレールバス同様終点ではターンテーブルで回転させています。タルカから来るとコンスティトゥシオン到着後にすぐ転回させるそうですから見ようという場合コンスティトゥシオン到着時を狙う必要があります。

 車内に入ると狭めで天井も低めですが断面の丸っこさがいいのかあんがい窮屈には感じません。座席は比較的新しいものが据え付けられています。運転室の壁にはちゃんとガラスが入っていてかぶりつき席もあり一見私鉄電車の先頭部のようにも見えます。発車前にとりあえずこのかぶり席を確保したのですが、発車間際には満席になり立ち客も出たのでお年寄りに譲らざるを得ません。そのため走行中は運転室でかぶりつくことになります。

 運転室は真ん中にエンジンが陣取っているためやや手狭です。運転台を見ると補修の後がいくつもあり手作り感あふれるいい味。発車が近づくと運転士さんが大きなフタを開け整備点検をしエンジンをかけます。フタはあるにしても目の前ですから騒音はかなりのもの。当然ながらこの音は走行中ずっと続きます。


 16:15、定刻に夕方の列車が発車します。予想通りというかあまりスピードは出ないのですが、それでもスピードメーターを見ていると40km/hには達していました。

 コンスティトゥシオンの町を抜けるまでは専用軌道だか併用軌道だかよくわからないようなところを走ります。町を出ると鉄橋を渡ってマウレ川の右岸にとりつき、あとはひたすら上流へと進みます。途中止まるところは駅舎とホームのある「ちゃんとした」駅のみならず、簡易なホームしかない駅、ホームなしでバス停のような標識だけがある駅、果ては正式な駅ではないようなただの線路脇で停まり客扱いすることもありました。そうした小さな駅でも乗客のみならず出迎えや見送りの人が見えほのぼのした暖かいムードが続きます。途中乗降する乗客が多く車内は終始にぎやか、車掌さんは切符を売り歩き忙しそう。というわけでローカル線にありがちな閑散とした雰囲気はありません。なるほどこれは大事な路線だと感心します。

 左端はコンスティトゥシオン駅の窓口と車内の両方で同じものが使われていた乗車券の表紙です。

 18:00、路線の中間に位置するGonzalez Bastias駅に着きました。ここで上下列車が交換します。タルカからやって来た対向列車は2両編成で車両は違う顔。1日2往復の列車は2運用で運行され、ダイヤは朝夕両方ともこの駅で交換するという単純明快なものです。

 この駅まででほぼ半分来たので、残るタルカまでの画像は後編とします。


景色は乗った後に(遠距離館)チリもくじ>このページ

inserted by FC2 system