チェコのローカル電鉄


 チェコ鉄道(CD)の電化路線はほとんどが交流25000Vか直流3000Vですが、プラハの南にあるターボル(Tabor)とBechyne(ベヒニェ)を結ぶローカル枝線は珍しく日本でおなじみの直流1500Vです。この枝線は1903年、チェコがまだオーストリア=ハンガリー帝国だった時代に電化私鉄として開業した路線で、その後チェコ独立後に国有化さ現在CDの一路線として運行されています。そんな元私鉄という生い立ちを知ってちょっと気になり、幸い旅程の途中にターボルを通ることになったのでちょっと寄ってみることにしました。


★ターボル駅

 この路線のまず面白い点はターボル駅の乗り場がターボル構内ではなくターボル駅前にあることです。道路の真ん中にある棒線はいかにも元私鉄という雰囲気で1Bホームという名前がついています。

 走っているのは凸型の電気機関車が引っ張る客車列車。客車は列車によりまちまちですが見た限り他のCD路線でも使われる標準的な客車が適当に運用についているようでした。なお開業した当初は電車で運行されていたそうで、その車両は動態保存され時々お蔵出しがあります。ホームの端にはその写真が掲示されこの路線、あるいはターボルのマスコット的存在になっているようです。

 駅の外れで線路は本線や側線とつながっています。本線の向かい側ではターンテーブルと扇形車庫が現役。ちなみに夜にこの側線を見に行くと野ウサギが線路を跳ね回っていて驚きました。


★乗り鉄

 では乗ってみます。元がローカル電鉄らしく曲線が多いためスピードはゆっくり。ターボルの町を抜け橋を渡るとあとは田園風景や林の中を行く気持ちのいい車窓が続きます。時折小駅に停まるものの町らしい町も見ないまま単線を24km、50分前後で走るとベヒニェに着きます。

 そういえば暗くなった沿線の畑でシカが跳ねているのを見ることができました。ターボル駅のウサギといいこの辺りは自然環境が豊かなようです。


★併用橋

 この路線最大の見所はベヒニェ駅到着直前に渡る併用橋です。そう広くない橋を制限10キロでそろそろと渡っていく様子は元私鉄らしく何とも楽しいものでした。客車が2両の短編成とは言え大きな凸型電機が堂々と渡る様子は迫力があるでしょうから撮り鉄や見鉄にもよさそうです。


★ベヒニェ駅

 ベヒニェに着いたらすぐに機回しが始まります。車掌さんがポイントを切り替えていました。駅舎は無人、また駅前は閑散としていて町中は少し歩いたところにあるようです。

 機回しが終わった電機が向かう方向、ベヒニェ駅からターボル側を見ると勾配を下ったすぐ先に併用橋が見えます。乗ったのが夕暮れ時ということもあり11分の折り返し時間でとんぼ返りしましたが、緑の多い気分の良いところですから時間があれば町や併用橋を見物してみたいところです。


★町中軌道

 最後に戻ったターボルの町中での画像を。早朝撮ったもので暗く申し訳ありません。踏切を鳴らしながら住宅や道路の真ん中を走っていくところに元私鉄らしい雰囲気があります。

 以上私鉄色が見え隠れする枝線の様子を紹介してみました。乗れる車両は標準的なものですが小味のきいた路線はなかなか悪くないと思います。


景色は乗った後に(遠距離館)チェコもくじ>このページ

inserted by FC2 system