オストラヴァの市内交通


 チェコ東部の街オストラヴァ(Ostrava)は市内交通に路面電車・トロリーバス・バスが揃いそれぞれの動態保存車両もあるうれしいところです。保存車両を目当てに訪問した際適当に乗り回ってみました。


 オストラヴァの中央駅(Hlavni nadrazi)前にはトロリーバスと路面電車両方の折り返し用ループが広がっていてなかなかの迫力です。トロリーバスのループはクモの巣のような2本ずつの架線が目立ち路面電車以上に存在感がある気がします。


 駅前のループから街の中心へと延びる通りでは路面電車・トロリーバス・バスが併走し3種が同じホームに停まる停留所がありました。路面電車とバスのホーム共用は単に併用軌道の上をバスも走るだけとして、路面電車とトロリーバスの共用は架線がぶつからないだろうかと一瞬思ったのですが画像のようにトロリーバスのポールはかなり融通がきくので問題ありません。


 訪問時街の中心部はかなり大掛かりな工事中で路面電車は信号による単線運行になっていました。工事区間中にあるElektra停留所(右の画像付近)は休止されこの付近に用のある乗客は両隣どちらかの停留所から歩くことになります。


 左の画像はオストラヴァの中心からだいぶ南に離れたOstrava Vitkovice駅前です。駅舎も駅前も広いものの駅舎内に小さい売店や軽食の店があるくらいでがらんとしていました。ここからNova Ves vodarna(右の画像)へと適当に乗り継いでみましたがこの辺りは停留所の間隔が広がり結構飛ばすので中心部とは大分雰囲気が違い路面電車というより郊外電車という感じです。


 Nova Ves vodarnaの東隣Hulvakyはトロリーバスの路線網の西端なので乗り換えてみました。路面電車の停留所はホームや安全地帯がないものですが後続のクルマは電車の後部で発車まで停車して待っているので不安なく降りることができます。一方電車通りに隣接するトロリーバスとバスの停留所は広いループの立派な折返場です。


 オストラヴァの街を南北に流れるオストラヴィツェ川(Ostravice)の岸に出るとミロシュ・スィーコラ橋(Most Milose Sykory)を渡るトロリーバスが見え良い雰囲気でした。右の画像Vystaviste停留所は街の中心部にある主要停留所で長いホームと折返用のループ線(右の画像の奥側)を持ち広々としています。


 という具合に乗り回ってみたところどの車両も停留所もキレイに整備されていて気持ちよく過ごせました。


景色は乗った後に(遠距離館)チェコもくじ>このページ

inserted by FC2 system