ナウムブルクの路面電車


 ドイツのナウムブルク(Naumburg)にある二軸の単車が行き来する路面電車乗りに行きました。


 周りに店やホテルはあるもののごく静かなナウムブルク中央駅前からお目当ての路面電車が出ています。停留所に自動券売機などはなく乗車するときにワンマンの運転士さんから片道券を2回買うより安い一日乗車券を買いました。ボックスシートが並ぶ車内は新聞が吊るしてあったりなんとなくアットホームな感じがします。


 路線長はナウムブルク中央駅前からナウムブルクの旧市街に隣接するVogelwieseまでの2.5kmというささやかなもので全線単線です。乗り通すと10分しかかからないのであっという間ですが駅と旧市街の間には坂がありなかなかの力走を見せるので結構乗った気になりました。緑が多く落ち着いた街並が続いている気持のよい沿線です。


 旧市街近くのPoststrasse停留所とMarientor停留所の間に車庫があるので寄ってみました。屋外の留置線の車両もピカピカです。


 車庫付近から末端のVogelwieseまでは旧市街の外周に沿った専用軌道を走ります。旧市街の中心に近いTheaterplatz停留所(右の画像)には交換設備があって他の停留所より立派ですが通常は終日きっちり30分間隔というやや間の空いたダイヤで交換することはなさそうです。


 末端のVogelwiese停留所の先はなんとなくレールが終わっています。かつてナウムブルクの路面電車は環状でこの先は中央駅まで続いていたそうです。


 サマータイムで20時台の終電が終わっても明るいので入庫を見に行きました。車庫前で一旦停車し車内の掃除をしてから中にしまわれます。30分間隔でも1両でこなすと折り返し時間があまりなくずっとちょこまか行ったり来たりしているような印象が残り一日ご苦労さまという気分になりました。


景色は乗った後に(遠距離館)ドイツもくじ>このページ

inserted by FC2 system