北ミラノ鉄道


 ミラノのカドルナ(Cadorna)駅をターミナルに北部に路線網を広げる北ミラノ鉄道(Ferrovie nord milano)は支線に複々線に櫛形ターミナル駅、地下線での都心乗り入れ、マルペンサ空港とミラノ市内を結ぶ空港輸送と何やら日本の大手私鉄のような趣があります。

 そんなところも面白いのですが、何よりうれしいのは今も結構な数の旧型電車が頑張っている点。それを目当てにカドルナ駅に行くと幸いお目当ての旧型電車が停まっていました。駅についてすぐ発車する旧型電車が740形のコモ(Como)行き。電車が旧型なら行き先はどこでもよかったのでコモに行くことに決めます。

 カマボコにひさしがついたユーモラスな顔がなかなかいい味出しています。運転室はやや狭く窮屈そう。右ノッチに左ブレーキながらシンプルな機器の配置はどことなく日本の私鉄っぽい感じがします。客室はシンプルな2-3のボックスシート。

 学生中心に席がほぼ埋まると発車です。非冷房なので窓は開けっ放し、緩行線の列車を追い抜き複々線を突っ走っていく釣り掛け音がたまりません。複々線のあと緑の中勾配を登る単線区間もまたよく、コモまで1時間ほどの乗り鉄はあっという間でした。


 こちらは終点のコモ駅の画像。見た限りランダムにいろいろな車両が共通運用で入っているようです。

 2階建ての車両も多く見られます。車内はどうも2階建ての方が旧型の釣り掛け電車より手入れが行き届いていない様子で窓の汚れや落書きが目立ちました。(2009年訪問)


★おまけ コモのケーブルカー

 コモ駅から湖畔を10分くらい歩くとケーブルカーがあります。下はトンネルで始まりかなりの急勾配なので迫力満点。上まで乗ると展望台があります。地元の人の足として使われているのでのんびりした雰囲気でした。


景色は乗った後に(遠距離館)イタリアもくじ>このページ

inserted by FC2 system