ミラノのインターアーバン(2)デージオ線


 ATM(ミラノ市交通局)が運行するインターアーバン2路線のうち、旧型車の走っていないデージオ線(Desio)に乗りに行ってみました。


 デージオ線のミラノ側起点はニグアルダ(Niguarda-Parco nord)にあります。ニグアルダはインターアーバンと市電の接続点で、芝生に覆われた軌道がキレイに整備されているものの店などは見あたらないただ乗り換えるだけという感じの電停でした。インターアーバンと市電のレールはつながっているものの車止めが設けられ直通はしていません。発車を待つのはミラノのインターアーバン2線で主力の500形。丸っこいスタイルでなかなか愛嬌があります。


 運転台は密閉感のある割と現代的なスタイルでした。ちっこい電車なのでもっと簡素な運転台かと思っていたのでちょっとびっくり。椅子に座布団というのは日本の電車でもよく見る(最近は減りましたが)光景でちょっと面白い気がしました。運転の仕事は座業ですからこうした対策が重要なのでしょう。客室はプラのコチコチシートが1+2で並びます。


 単線なので行き違いを見つつ露天市場や畑を抜けミラノ郊外の街デージオに向かいます。


 デージオはキレイな郊外の街でした。街中は狭い歩道脇を通るのでちょっとスリルがあります。


 デージオの終点は車庫です。ATMの文字がさりげなくイタリアの国旗と同じ色というのがオシャレ。

 車庫以外は住宅くらいしかないような場所なのでそのまま折り返しました。インターアーバン2線を乗り比べてみると車両面は旧型車の走るリンビアーテ線の方が面白く、沿線の車窓はこのデージオ線の方が変化があるかも、というところです。(2009年訪問)

※このデージオ線は大規模な改良工事のため2011年9月末をもって運行が停止されました。


景色は乗った後に(遠距離館)イタリアもくじ>このページ

inserted by FC2 system