シチリア島・ラグーザのループ線


 シチリア島南部のシラクサ(シラクーザ・Siracusa)とジェーラ(Gela)を結ぶFSの路線上にラグーザ(Ragusa)の街があります。この街は世界遺産の観光地として有名ですが、地図を見ていると鉄道に興味をそそられる地点があったので様子を見てきました。


 まず略図をご覧下さい。

 ラグーザを通る路線は険しい地形に沿ったグニャグニャの線形で地図を見ているとなんだか面白そうな気配を感じ、特に気になったのがループ線のあるラグーザ周辺です。

 渓谷の複雑で険しい地形のループ線というといかにも山の中にあって行くのが大変そうという気がしますが、このループはラグーザの街に隣接しているので簡単に見物できます。なのでものぐさな乗り鉄の私でも見に行く気が起こったというわけ。


【画像★1A】

 画像の最初は図上の星マーク1地点、谷上の崖っぷちから見たときのものです。

 モディカ(モーディカ・Modica)方面からの気動車が市街地の下を通るトンネルをくぐり、続けてループ下のトンネルに入るところです。

【画像★1B】

 上の画像を撮った後ずっと見ていると、トンネルを抜けた気動車はぐるりとループを回り標高を稼いでトンネルの真上をラグーザ駅に向かっている様子が見えました。月並みな感想ですが模型を見ているような楽しさかも。


 見物も楽しいのですが、やっぱり乗らないと意味がありません。今度はラグーザ駅から気動車に乗ってループ線を楽しむことにします。目的地はラグーザから東にあるモディカ(Modica)というところ。

 車両はイタリアでおなじみのAln668。これだと窓が開けられるので外が見やすく安心です。


【画像★2】

 発車しループ線のトンネルの上を越え図の星マーク2地点まで来ました。星マーク1地点があるSuperiore地区とその下を抜けるトンネルが見えます。

 この車窓の位置は【画像★1B】に写っている高台を走る気動車の左辺りです。


【画像★3】

 星マーク3地点からIbla地区を望みます。このあとはループを下り、ループ下とSuperiore地区下の2つのトンネルを抜けてモディカ方面へと走って行きます。

 こんな具合に世界遺産の街並を上から目線で(?)眺めながらループを楽しめるラグーザ、乗り鉄も撮り鉄も楽しめると思います。


 最後にややおまけ気味ながらラグーザから20分少々で着いたモディカ駅の画像を貼ります。

 モディカもラグーザのように世界遺産の観光地でそこそこの規模がある街ですが、この駅で降りたのは私だけでした。

 この辺りはずっと単線非電化で、交換する長い貨物列車が駅本屋側のホームに停まっているためなかなか駅を出ることができません。

 車掌さんが貨物列車がどくまでちょっと待ってろ、というのでしばし見物タイム。走り去るまでしばらくかかりましたが、そんなのんびりしたところもまた楽しい乗り鉄でした。

(2011年訪問)


景色は乗った後に(遠距離館)イタリアもくじ>このページ

inserted by FC2 system