海に向かう釣り掛け電車SEPSA(ナポリ)


 この項ではナポリ近郊に延びる鉄道の一つ、SEPSA(Societa  Esercizio pubblici Servizi Spa)の運営する近郊電鉄チルクムフレグレア線(Circumflegrea)とクマーナ線(Cumana)線を紹介します。

 この2線のターミナルはナポリの街中にあるモンテサント駅(Montesanto)。終点はどちらも同じで西郊の海に突き当たった終点Torregaveta駅ですが、北の山側経由で行くのがチルクムフレグレア線、南の海側経由がクマーナ線という位置関係になっています。


★ターミナルのモンテサント駅

 ではモンテサント駅の様子。Eの字のホームに4線が配置され、1・2番線がクマーナ線、3・4番線がチルクムフレグレア線です。トンネルを出たところに2つの路線が同居する様子は井の頭線渋谷と東急蒲田を足して2で割ったような感じで親しみが湧きました。

 さて着く先は同じ2路線、どちらから先に乗ろうかというところですが、ホームを見て古い電車300形(右上画像2番線の電車)が停まっていたクマーナ線に乗ることにしました。うれしいことに釣り掛けです。ただこれは区間電車だったので途中のBagnori駅止まりでした。


★南回りのクマーナ線

 区間電車がBagnori駅の本線上で折り返しモンテサントに戻る上りホームに入ります。中線はなく複線の本線を使った折り返しでホームが高床となるとなんだか日本の都市近郊私鉄のようです。

 優等がなくBagnori折り返しの区間電車と終点Torregavetaまで走る電車がそれぞれ日中20分毎というダイヤなので、区間電車を降りて10分待てば終点まで行く電車がやってきます。車両はまた同じ300形。

 郊外電車らしく車窓は住宅が多いのですが、終点が近づくと美しい海岸べりを走ります。景色に見とれてか海岸を見るなり首を出し一服つけるオヤジさん登場。車内禁煙なのでマネをしてはいけません。(まさか窓の外だから車内じゃないということ?こうなるとトンチの世界…。)


 乗り換えを挟んでしまいましたが、モンテサントから乗る時間は正味35分で終点Torregavetaに着きます。駅を出るとすぐに海岸がありますが、見に行くと水は思ったほどキレイでもない印象。狭い駅前からはバスも出ていてちょっと惹かれるのですが、余裕のない旅行なのですぐに北回りのチルクムフレグレア線でモンテサントに戻ることにします。


★北回りのチルクムフレグレア線

 では帰りの北回りチルクムフレグレア線へ。ここから出る北回りの末端は本数がぐっと少なくなるため北回りでナポリへ出る人は私のような鉄道マニアくらいしかいないと思われます。運用を南北で使い分けているかどうかはわかりませんが、私の乗った車両は南回りで乗った300形より古いパノラミック2枚窓100形でした。この車両も釣り掛けです。丸っこいしなんとなく(実物を見たことはありませんが)名鉄5000系っぽい感じ。そういえば名鉄5000系はパープル塗り時代があったそうですが、パープルとその後のスカーレットでツートンに塗ったらこんな感じかな。ややこじつけですが。


 車内にはコチコチシートが並んでいます。北回りは最初単線でのんびりした海沿いの田舎を走り、海から離れ内陸部に入りナポリに近づくにつれ勾配もある住宅地の複線を南回りより飛ばすのでなかなか豪快な釣り掛け音が楽しめました。なおモンテサント地下ホーム到着直前、2路線の間にマリア様か何かの結構大きな祭壇が見えます。地下トンネル内でボワーっと見えるのは面白いので乗り鉄の際はちょっと注目してみてもいいかも。

 トンネルを出て振り出しのモンテサント駅に到着しました。ぞろぞろと頭端の出口に向かう風景は日本のターミナル駅と同じですが流しのアコーディオン弾きが混じるところがヨーロッパらしいところ。見るたびそんなに商売になるのかと不思議になりますけれどいる以上きっとそれなりには儲かるのでしょう。

 というわけで「結構高速の窓開けたまま釣り掛け音」「日本の私鉄にも似た丸っこい電車」といった要素が好きなら外せない路線です、というのはつまり私の好みですが、ナポリを見て死なないまでもナポリに来てよかったと思わせてくれる電車でした。(2009年訪問)


景色は乗った後に(遠距離館)イタリアもくじ>このページ

inserted by FC2 system