トスカーナ鉄道【2011年】


 2009年にトスカーナ地方のアレッツォ(Arezzo)周辺を走るローカル鉄道、トスカーナ鉄道(Transporto Ferroviario Toscano)に乗りました。(2009年の話と画像はこちら。)

 その際は古い車両の運用に当たれず新型の連接車「elfo」に乗っただけに終わったのですが、その後ふとこの鉄道の公式サイトで公開されている時刻表を見ると、どういうわけか車両運用が詳しく表示されたものになっていてびっくり。古い車両の文字も見えます。となれば俄然行きたくなり、2011年に再訪することにしました。


 というわけでアレッツオ駅に到着しました。くだんの時刻表には昼過ぎの下校時間帯にここアレッツオから北のスティア(Stia)と南のシナルンガ(Sinalunga)という路線の両端に向けそれぞれ新車elfoではない車両で運行される列車が書いてあります。elfoはキレイではあるものの連接車ですから輸送量を融通しにくいので古い車両を引っぱり出すのでしょう。

 ではまずはシナルンガ行きから見てみます。いかつい箱型電機が古風な客車4両の前後を挟む迫力ある列車ですが、浮かれた柄なのでなんだかおもちゃのようなカワイイ雰囲気です。


 なお古風な客車の外側は落書きだらけですが、内装は現代的なセンスでキレイに整備され掃除も行き届きそのギャップに驚かされます。やはり鉄道というのは外観を見るだけではなく乗ってみないと様子がわからないものですね。それにしても悪い輩には全く困ったもの。


 さて乗らない客車列車はこのくらいにして、これから乗るスティア行きに移ります。シナルンガ行き同様古風な客車4両の前後を動力車が挟むという編成ですが、機関車ではなく電車で挟んでいるのが重要な点。客車より電車が好きな私が乗りたいのはこっちというわけです。

 この列車は客車のみならず電車もひどい落書きっぷりですが、車内はやはりキレイです。この電車は1950年代に作られたEBiz7という車両で、だいぶ更新されているものの窓枠などには木材も使われなかなかいい味出していました。


 さてではかぶりつきさせてもらいます。子供がたくさん乗ってにぎやかになり発車時間。運転士さんが側窓から後方を確認しながら静かにノッチを入れると釣り掛け音が響くので思わずニンマリしてしまいました。低い速度ですぐにノッチオフ、惰行で構内のポイントをゴトゴトと渡っていくさまはいかにも釣り掛け乗り鉄の始まりという感じがします。

 FSの線路から分かれると新しいバラストと枕木の白さがまぶしくロングレールが続き、いかにも地方鉄道らしい古びた車両による珍編成とのギャップが妙な具合。間もなくキレイな住宅地といった雰囲気のホームに停まります。ところで落書きされた駅名板の元の文字は「C.C.1」ですが、今どきこういうシャレに持っていくとはやったヤツは結構歳いってるのかな。


 市街地を抜けると視界が開け徐々にスピードが上がります。アレッツオからスティアまで北に谷筋を登っていく路線なので釣り掛け音が聞きたいむきはアレッツオから乗ったほうが幸せになれるでしょう。かぶりついて見ているとどうも複線分の用地を確保しているように見える箇所があったりかなり手を入れているのがわかります。駅もどこもキレイでした。


 最もスピードを出すのは線形改良で旧線から新線に切り替えられた跡が残るRassina〜Bibbiena Corsalone間です。釣り掛けの高速走行にはたまらないものがあり風切り音が強くなってくると興奮で手に汗にぎってしまいました。我ながらお子様です…。


 そろそろ終点が近くなってきました。「あそこがPoppiのお城だよ。」と運転士さんが指差す前方左手を見ると小高い丘の上に城が見えます。見晴らしがききそうですから足を運んだらきっと気持ちいいことでしょう。

 そのPoppi駅の次、Porrena〜Pratoveccioの留置線にはこの電車より古株のE624が1両見えました。(なお公式サイトの時刻表を見るとこの列車にはE624が入ると書いてあったのですがこの通りEBiz7でした。どうもE624と共通運用になっているようです。)


 結局かぶりつきっぱなしのままアレッツオから1時間少々で終点のスティアに到着しました。この編成が動くのは基本的に朝のアレッツオ行きと昼のスティア行きという通学列車1往復だけなので、乗客を降ろしたらスティア駅の先にある留置線に進んで今日のお仕事はおしまいということになります。おつかれさま。

 そんなわけで釣り掛けの登板を楽しんだ再訪だったわけですが、改良整備が進む様子にも驚かされました。elfoに負けじと古びた珍編成がキレイな路線を走るさまがいつまでも見られることを祈らずにはいられません。

※その後2012年に訪問し上記のE624に乗りました。その模様はこちらです。


景色は乗った後に(遠距離館)イタリアもくじ>このページ

inserted by FC2 system