トスカーナ鉄道【2012年】


 2009年・2011年に続き2012年にもトスカーナ鉄道(Transporto Ferroviario Toscano)に乗りました。当サイトのコンテンツも3回目になりますが、それぞれ違う車両に乗っているのであわせてご覧いただければ幸いです。(以前の様子はこちら→2009年/2011年)


 今回も2011年の訪問時と同様に昼過ぎにアレッツォ(Arezzo)駅に着きました。するとホームに入って来たのは2011年に乗った車両(EBiz)とは違うE624という電車。これまでの訪問時にも見たことはある車両ですが、「顔」の窓周りが改造され浮かれた柄に塗り直されていたのでびっくりです。1930年代製という古い車両ながらこれだけ整備するならまだまだ使うつもりなのだろうとうれしくなりました。

 編成は2011年のときと同様に前後の電車に客車が挟まれるというもので、前後のE624は画像のようにそれぞれやや違った構造になっています。


 客室内は古風さとシートの新しい柄が組み合わさった好ましい雰囲気。運転室の機器はEBizと同様で同じ操作でした。


 では発車となるわけですが、車窓の様子は前年と同様なので省略します。乗り心地は軌道も車両もしっかり整備された安定感のあるものでした。こうやって現代の日常生活に溶け込んでいる古い車両(あるいはキカイ)っていいなあとしみじみ思うばかり。

 途中以前にも見た電車Ale056や電気機関車E626の姿があったのでその画像を貼っておきます。どちらも元気そうで何より。また運転士さんが「前に日本人が写真撮ってるのを見たことがあるよ。」というのでつい車窓を見ながらカメラのありそうなところ(?)に目線を送ってしまいましたが、こちらは残念ながら(?)見られませんでした。


 1時間ほど乗り鉄を楽しみ、今回は終点のStiaまで乗らず交換列車のAle054が待つPoppiで降ります。Ale054も使う色はE624と同じながら違う塗り方なのがオシャレ。せっかくキレイになったんだからどうか落書きにあいませんように、と祈りつつステキな両車を見送りました。


景色は乗った後に(遠距離館)イタリアもくじ>このページ

inserted by FC2 system