サンティアゴの鉄道博物館


 サンティアゴの中央駅Alameda駅から北西に1kmほど、Quinta Normal公園というでかい公園の一角に鉄道博物館があるので行って来ました。公園そのものは無料ですが、鉄道博物館の敷地に入るには入場料が必要です。おカネを払って入ると広い公園の続きという感じでゆったりとした野外展示が見えました。展示の中心は蒸気機関車と私の好みからはズレるため駆け足で済ませてしまいましたが、以下ざっと画像を並べておきます。


 屋根つきなのは大統領用客車。土日と祝日の12:00〜13:30のみ車内が公開されるとのことです。

 ヒラ客車(?)は大統領用客車と違い土日祝でなくとも随時入って見ることができます。優雅な窓と転換クロスシートがゆったりとした雰囲気を作り出していました。


 蒸気機関車の間にやや唐突な感じでトロリーバスが挟まっていました。この型の車両はバルパライソに行くと乗ることができます。


 端の方に復元途中の路面電車が置かれていました。まだ時間はかかりそうですが完成が楽しみです。


 「駅」とある建物にはパーツ、模型、鉄道切手コレクションなどが展示されていました。どういうわけか日本の鉄道100年記念切手が大きく引き伸ばされていてびっくり。この切手誰かにもらってしまいっぱなしだったなあ、と妙なところで思い出しました。


 以上脈絡なく画像を並べましたが、見たところ野外展示ながら塗装など見ると継続的に手が入れられているようで蒸機の保存状態は悪くない感じでした。ゆったりした敷地で木立を散歩しながらの見物は蒸機派ならずともオツではないかと思います。


景色は乗った後に(遠距離館)チリもくじ>このページ

inserted by FC2 system