クラクフの路面電車と空港列車


 ポーランドのクラクフで適当にトラムに乗り歩いてみました。良いと思ったのは車両の種類が豊富で変化があることと手入れや清掃が行き届き気持ちよく乗れる点、(あくまで個人的な趣味から)ちょっと残念に感じたのは古都を走るトラムながら旧市街の中心に乗り入れず「狭隘区間」がなさそうだったり、現役車両に釣り掛けはなく静かな車両ばかりということです。以下あまり脈絡もなくクラクフの画像を並べていきます。


 まず左の画像はクラクフ駅前の停留所。長編成の電車に安全地帯もない車道上から乗り降りするのはなかなか迫力がありました。岐阜の路面電車が生きている頃を思い出したりも。

 右は唐突でしかも全然電車に関係ないのですが近所の市場の八百屋さんで見たニンニク。ただのニンニクをこうも美しく飾って売ることに感心させられました。こんな例を引き合いにして言うのも何ですが電車のみならず大変キレイな街です。


 左:ドミニカ教会前のPl. Wszystkich Swietych停留所/右:連結面にはこんな注意。またごうという命知らずがいるのかな?


 左:ヴァヴェル(Wawel)城・大聖堂前のWawel停留所/右:そのヴァヴェル城をヴィスワ川にかかるGrunwaldzki橋からを見たところ。


 左:Stradom停留所/右:聖ヨセフ教会前(Korona停留所近く)


 クラクフ駅の北、PKPの線路の西側に地下区間にもぐる出入口があります。地下区間はクラクフ駅をくぐって東側に向かうもので、途中地下停留所もあるなかなか立派なもの。


 地下区間入り口のお隣にはPKPの線路があり、しばらく見ていると釣り掛け電車EN57のほかポーランド製の新しい低床気動車がやってきました。


★空港列車

 話が逸れたついでに最後はクラクフ駅に停まる空港行き列車。気動車が低床なのに対しホームは高床用なので「普通とは逆に」かなりの段差ができているのは惜しいかも。20分弱で着く空港駅は空港直結ではないのでバスに乗り換える必要がありました。とはいえ列車・乗り換え時間・バス合わせてもクラクフ駅から正味30分くらいで空港のビルに着けましたから便利です。

 以上クラクフの雑多な画像でした。


■クラクフ市公共交通 路線案内や時刻などを調べることができます。


景色は乗った後に(遠距離館)ポーランドもくじ>このページ

inserted by FC2 system