高知のポルトガル電車


 とさでん交通の桟橋車庫には海外から来た電車が3両あり、そのうちの1両はポルトガルのリスボンで走っていた910号です。(他2両はオーストリアのグラーツから来た車両とノルウェーのオスロから来た車両)乗り込むとリスボンやポルトで走っている旧型車と同様に転換クロスシート(出入口付近のみロングシート)が並んでいます。

 走行中は録音の案内放送が流されICカードリーダーが設置されている点は一般の電車と同様ですがツーマンでした。マスコンにはイングリッシュエレクトリックのデッカーシステムの文字が見えます。

(2015年訪問時「外国電車」は10〜6月の土・日・祝日桟橋車庫出入庫と高知駅〜枡形で運行/3両のうちどれかはその時次第)


景色は乗った後に(遠距離館)ポルトガルもくじ>このページ

inserted by FC2 system