リスボンのケーブルカー


 リスボンのケーブルカーは3路線あり路面電車とともに走る観光名所のような存在です。


 まずBica線から乗ります。電車通りに面した下の駅の入口はご覧の通りステキというほかありません。ガントレット状の軌道が突っ込んでいるホームではヤグラの上にパンタを2つ載せた小さなケーブルカーが待っていてくれます。


 ワンマン運転の運転士さんが下の駅で運賃を収受するので下から乗る時は先払い、上から乗る時は後払いです。狭い併用軌道のケーブルカーというのは面白いものですがそれだけに運転士さんは油断なりません。あっさりした上の駅というか停留所というかに着くとイベリア半島を代表する大河テージョ川が見え、洗濯物がひらめく下にケーブルカーというリスボンの観光写真によく使われる風景が目の前です。


 続いてLavra線へ。ここの軌道は上部が複線状、下部はガントレット状になっています。Bica線には以前乗ったことがあったのですがそのときは他の2線が運休中だったのでここは初乗りということになり馬面の面白い顔にわくわくしながら乗り込みました。


 電車のような運転台にかぶりつき発車。運転士さんがコントローラを回すと釣り掛け音のようなものが聞こえるのでおかしいなと思い、降りた後床下を見たらモーターが見えびっくりしました。どうやら電車2両をケーブルで繋いでいるという感じのシステムのようですがこんなケーブルカーもあるのですね。パンタグラフを見上げるとポールのホイールのようなものがついている変わったものです。


 上の駅は落書きはさておきステキなデザインの相対式ホームで、駅を出ると架線柱・架線、さらには軌道を埋めたような跡が見られました。かつて路面電車が来ていたようです。


 さらにGloria線に行くとLavra線と同様の車両が待っていました。


 上部が複線状、下部はガントレット状という点も同様です。また上の駅の上部には架線柱・架線のみならず軌道も残っているので電車がやって来そうな気がしてしまいました。復活しないかなあ。

 というわけで3線乗りつぶし、街の中によくこんなケーブルカーを残しているものだと改めて感心させられました。(2015年訪問)


景色は乗った後に(遠距離館)ポルトガルもくじ>このページ

inserted by FC2 system