ボトシャニの路面電車


★車庫前

 ルーマニア北東部にあるボトシャニ(Botosani)という街の路面電車は1991年に開業した比較的新しいもので、現在101系統(Catamarasti〜Gara〜Luceafarul)と102系統(Catamarasti〜Gara〜Eminescu)の2系統が運行されています。

 下の画像は両系統の終点Catamarasti近くにある車庫前の様子。周りは工場などでやや殺風景なところでした。


 車両はドレスデンから来たタトラの中古による単行運転で走行音はごく静か。色や方向幕はドレスデン時代のままのようです。ツーマンで私服の車掌さんが均一料金の切符を売り歩きます。


 左の画像はGara(駅前)停留所。ここは101・102両系統が通ります。101系統はこのGaraからNationala通り経由で中心街を通り町の東に位置する終点Luceafarul(画像右)で折り返します。片運転台なので各起終点はループです。


 こちらは102系統の終点Eminescuのループ。102系統はGara近くで101系統と分かれ南寄りを走っています。

 右は時刻表。時刻表の掲示された停留所は少なく、あってもどの停留所もこれと同じものが掲示されているようでLuceafarulとEminescu発車時刻だけの案内でした。


★バス

 最後にEminescuから町の中心まで乗ったバスの画像を貼ります。ボトシャニのバスはMAXI TAXIという名で目に付く限りこのようなちいさな車両が使われていました。料金は路面電車と同額の均一で運転士さんに前払いします。


景色は乗った後に(遠距離館)ルーマニアもくじ>このページ

inserted by FC2 system