ルーマニア北東部のフランス気動車


 モルドバ・ウクライナと国境を接するルーマニア北東部の地図を見ていると、主要都市ヤシ(Iasi)からドロホイ(Dorohoi)、レオルダ(Leorda)という順にモルドバ国境と15〜20kmくらいの距離で併走しながらルーマニアの端っこをぐるっと回り込み、ボトシャニ(Botosani)という都市に続いている非電化路線群が(ローカル乗り鉄好きの目には)なんとなく目立ちます。時刻表を見てみると直通はなく、154kmを4時間で走る長丁場の鈍行の後に鈍行2つと乗り継ぎいでいくことになるので面白そうな感じ。またボトシャニ付近には旧型車も運用に入っているようなのでそれならと乗ってみることにしました。

★ヤシ駅

 スタートはお昼前のヤシ駅、朝少し市内で乗り鉄・乗りバスしてから11:38発RegioTrans運行のドロホイ行きに乗りにいきます。ヤシ〜ドロホイ間は1日5往復、長距離列車が発着する通過式ホームをいくつももつヤシ駅のはずれにある頭端式ホームから出るので支線ムードが漂っていました。

 車両はフランスから来たCaravelle(カラベル)という愛称を持つ一連の形式の中古気動車。この車両はルーマニア全土に運行路線を持つRagioTransという事業体の主力車両として97形・57形という名で活躍しています。


★飲み鉄

 さてルーマニアの端っこにあるローカル線だからまあ空いてるだろうとたかをくくって発車ギリギリにその中古車に乗り込んでみると意外なことにほぼ席が埋まって立ち客も出る盛況ぶりでした。なんとか奥のボックスに空席を見つけ腰掛けます。駅に窓口はあっても無札で乗る人が結構いるようで発車すると車掌さんは補札売りに大忙し。座席を見るとあちこちツギがあたっています。ルーマニアの鉄道ではこうしたツギをよく見ましたがマメに補修が行われている証拠ですから見ていてむしろ気持ちのいいものです。

 しばらく走り市街地を抜け車内が落ち着いてくるといつとはなしに酒瓶が回り始め一同ラッパ飲み。お前さんもまあ飲め、と突き出されるのがブランデーと来ています。幸い30度とブランデーにしてはアルコール度が低めで飲みやすくはありましたが…。

 ブランデーが空くと今度はでかいワインの瓶が空けられどんどん飲めと来ます。甘くこれも飲みやすい味ではありましたがブランデーから続けて飲んでいるとアルコールに弱いこちらはさすがに出来上がってしまいました。この頃になると車内のどこも座がほぐれにぎやかに。そんなわけで乗り鉄は一時お預け(乗っていますけれど)で飲み鉄が続きます。


 さて一旦はにぎやかになっていた車内も行程を半分以上過ぎる頃までには大半の乗客が降りてしまい、さっきまでの騒がしさがウソのようにがらんとしてしまいます。車窓は車内の様子と関係なくずーっと緑の平原と丘が続くばかり。小さな駅にたまに停まってはのんびり進んでいきます。

 座席はご覧の通り2列+3列のボックスで、窓は片側(画像の3列側)だけ開けられるという妙な構造になっていました。冷房はなく窓が開かない側の人は暑くても窓が開けられないということになってしまいますがどういうわけでこういう構造なのでしょうか。

 とにかくも野良犬だらけのルーマニアですがネコちゃんも乗ってきます。列車に慣れていないようで始終ニャーニャーと不安そう。連れているお姐さんがいい子いい子となだめます。少なくなった退屈気味の乗客たちはみんなわあカワイイとニコニコ顔。

 右上は交換駅Ungureni。左のホーム上に見えるのは井戸です。ルーマニアのローカル駅では各地で現役の井戸が見られました。


★馬

 ルーマニアでは馬車が普段の生活の中でたくさん使われています。駅では馬車で送ってもらっている家族連れも見えちょっとうらやましいかも。当然荷物も運ぶので日本の田舎における軽トラみたいな使われ方を思い出します。もっとも今は(日本の)田舎でもさすがに目立つところで荷台に乗るわけにはいかないでしょうけれど。

 警笛が鳴って急停車するので何事かと思ったら犯人は馬でした。しつこく警笛鳴らしてもなかなかどかずマイペースです。馬は敏感な動物だといいますがこんな図太いヤツもいるのですね。こういうことは結構あるのだそうです。 

 こうしてたまに馬が通せんぼする広い平原が続くなか長時間運転する運転士さんも大変です。運転室に謎めいたペットボトルが見えたので何か聞いたら自家製の蜂蜜とのことでした。飲んでみ、というので遠慮なくラッパ飲み(ラッパ舐めかな)させてもらったところさすが香りのよい美味しい蜂蜜で、これなら運転の合間でも手軽にエネルギーの補給ができるし上手いものを準備してるもんだなあと感心しました。蜂蜜をおやつに前面展望を楽しんでいたら糖分のおかげかどうやら酔いもさめてきてやれやれです。


★ドロホイ到着

 そんなこんなで長丁場も終わり、モルドバではなく今度はウクライナとの国境まで20kmほどのところにあるドロホイ駅に15:43到着しました。緑に塗られたやはりフランス渡りの気動車がエンジン掛けて待っています。これが乗り継ぐレオルダ行き。同じRagiotransのカラベルシリーズ気動車でも画像のように赤・青・緑3種の塗装があり顔のデザインも2通りあって混用されていました。

 レオルダ行きは15:46発とすぐの発車、ドロホイ〜レオルダ間21kmは1日3往復とぐっと少なくなる閑散区間でこれが本日最終列車ですが45分の乗車中車内は終始ガラガラでした。


★レオルダ駅

 車窓の雰囲気は先の長丁場列車とさして変わらないままのんびり走ると腕木が見えまもなく終着のレオルダ駅に16:29着。日除けに葡萄が這わされ実もなっていたステキな駅舎(右画像)は残念ながら使われておらず、画像右下に見える水色のハコがCFRの乗車券窓口として使われています。駅前は一軒カフェ・バーがあるくらいで他に店は見当たらず閑散としていました。


 ホームで時間をつぶしているとルーマニア西部ティミショアラ(Timisoara)までこれから15時間754kmを走るボトシャニ始発の夜行列車(左の画像)がやってきました。数は少なくとも荷物は大きめの乗客たちがささやかなホームから高いステップを上がっていきます。こういう小駅からこんな長距離列車が出ているというのはなんだか頼もしいものです。

 やがてこちらが乗るボトシャニ行き(右の画像左)がスチャバ(Suceava)からやって来ました。この列車は17:14発、CFR運行の鈍行で車両は78形の単行。パンチューでも乗りましたが何度見てもうれしくなるスタイルの気動車です。


★ボトシャニ到着

 レオルダからボトシャニまでは1駅で途中停車なしの15km、17:38に枝線の終点ボトシャニ駅に着いたらこの日の乗り継ぎはおしまいです。文字通りの牧歌的な風景が続く地味な路線が続きましたが酔っ払って風に当たりのんびりする乗り鉄はなかなかいいものでした。 


★おまけ ボトシャニについて

1:駅前

 中長距離のバスターミナルもあり交通の要所ですが宿が見当たりませんでした。

 中心街は駅から東に1km程度の地域でNationala通りを走るトラム101系統を利用すると便利です。

2:トラム・バス

 トラムは2系統(101と102)あり単行のツーマンで乗車券は車掌から車内で買うシステムです。(バスは乗る際運転手に運賃を払います。)

 (ボトシャニのトラムの画像はこちらにあります。)

3:宿

 比較的駅に近いところにある宿がPensiunea tabu。レストランもありフロントの対応は悪くない感じでしたが満室で泊まりそこないました。

 泊まったのは中心街にあるHotel Rapsodia。ベストウエスタン系でごく普通のホテルでした。101系統電停(電停名不明)の近くです。


景色は乗った後に(遠距離館)ルーマニアもくじ>このページ

inserted by FC2 system