ルーマニア最古の鉄道路線


 ルーマニア南西部のオラヴィツァ駅からは現在も営業されているルーマニア最古の鉄道路線が出ているので最古の現役客車が走る路線のついでに乗ってきました。最古の現役客車が走る路線と一体で機能していた路線であり、またなかなか複雑で興味深い歴史的経緯を経ているのでここで少し触れることにします。


 さてそのルーマニア最古の路線というのはオラヴィツァ(Oravita)〜ヤム(Iam)間。この路線はドナウ川の水運とアニーナの炭鉱を結ぶために計画された路線のうち1854年ドナウ川岸のバジアシュ(Bazias)からオラヴィツァまで開通した路線の一部が残ったものです。

 建設当時この路線は全線オーストリア領内(1867年からオーストリア=ハンガリー帝国)だけを走るものでしたが、第一次世界大戦の結果オーストリア=ハンガリー帝国領ではなくなり、オラヴィツァ〜ヤム間と末端のバジアシュ近辺がルーマニア領、途中はセルビア領というややこしいことになってしまいました。その後この路線は末端とセルビア領内が廃止され現在営業しているような小さな枝線になってしまいます。

 以上の流れを表にまとめてみました。アニーナまでバジアシュまで石炭を運ぶための1本の路線がバラバラの運命をたどったわけです。

区間

バジアシュ(ルーマニア)

セルビア領内

ヤム〜オラヴィツァ

オラヴィツァ〜アニーナ

開業

1854年開業(平坦区間)

1863年開業(山岳区間)

現況

廃線

一般客車で運行中

旧型客車で運行中

 では現在の様子はどうなのか、以下乗ったときの画像を貼りますのでご覧下さい。


★オラヴィツァ駅

 オラヴィツァ駅は地味な場所ながらルーマニア鉄道発祥の地ということになるのでホームの片隅には記念碑や説明文の掲示がいくつか見られました。人の少ないこの駅に日本の鉄道開業はおろか明治維新よりずっと前から鉄道があったというのは何だか面白い気がしてきます。

 オラヴィツァ駅は駅前が低くホームと線路は高台にあるという地形で立体的な構造です。そのためオラヴィツァ駅はルーマニアで一番早くエレベータが設置されたところでもあるのだとか。(オラヴィツァ入りするための路線とオラヴィツァの宿などについてはこちらをご覧下さい。)


 というわけでオラヴィツァ駅からルーマニア最古の路線に乗り鉄します。と言っても車両はルーマニア標準の客車ですからとりたてて最古という気分にもなりません。まあ例えば東海道線に乗っても岡蒸気ではなく今の電車が来る、というのと同じようなものです。また炭鉱のあるアニーナに行く山岳線と違いこちらは平坦線で線形も悪くなく車窓は畑やウシウマヒツジのいる牧草地が続くばかりでさほど変化はありません。それでも空いた車内で窓を開けてのんびり外を見ていればそれなりに楽しいひとときではありました。


★ヤム駅

 終始ガラガラのままオラヴィツァから27km、52分で終点のヤム駅に着きます。駅舎は無人で荒れ駅前に店などはありません。線路の脇に生い茂る草むらの向こうにヤギだかヒツジがいるらしくメーという声が聞こえてきます。機関車はすぐ切り離され機回しのため前方セルビア国境方面に向かって走っていくのでとりあえず追いかけてみます。

 この画像がセルビア方の末端。ポイントを過ぎるとレールは機回しの機関車が入る分だけ顔を出しその先は草に埋もれています。現在は一体どこまで続いているのかな。なおここからセルビア国境までは2kmを切っています。線路上は草が生い茂っていて歩けないため国境近くの廃線跡を見ようという場合迂回することになりますが、距離は大したことないのでそれほど時間は掛からないと思います。


 駅の北にあるヤムの集落に向かう道。馬がついていない馬車が置いてありニワトリがウロウロしています。ヤムの集落の中心まではそう遠くないはずですが18分の折り返し時間をはさんでとんぼ返りしなくてはならず見にいく時間がありません。急いで列車に戻りオラヴィツァに引き返しました。 

 そんなわけでただ乗っただけ、またただ乗る分にはごく地味な路線ですが、歴史や廃線跡に興味がある向きには訪れる価値がありそうです。


景色は乗った後に(遠距離館)ルーマニアもくじ>このページ

inserted by FC2 system