ウルグアイの行楽列車


 ここではナマズレールバスと同じターミナルのモンテビデオ新駅から客車列車に乗り鉄したときの様子を紹介します。


 さてモンテビデオ新駅から出る客車列車は2系統あります。どちらもモンテビデオから北西64kmのところにある25 de Augosto駅までは同じ路線を走り、そこから北のFlorida方面と西のサンホセ・デ・マヨSan jose de mayo方面に分かれるというもの。

 このうち西の終点サンホセ・デ・マヨからさらに西へバスを乗り継いでいくとコロニア・デル・サクラメントColonia del Sacramentoという町並みが世界遺産に登録されている街があります。コロニア・デル・サクラメントからはラプラタ川を越えてアルゼンチンのブエノスアイレスまで行く国際航路が出ていて旅程上都合がいいので、サンホセ・デ・マヨ方面に行く列車に乗ってみることにしました。

 モンテビデオ〜サンホセ・デ・マヨ系統のダイヤは基本的に午前中はサンホセ・デ・マヨからモンテビデオ、午後はモンテビデオからサンホセ・デ・マヨというモンテビデオに通勤・通学する人に合わせているらしき構成です。

 その中になぜか土曜は朝出る列車がありました。9時にモンテビデオ新駅を出るFrolida行きがそれで、途中25 de Augostoでサンホセ・デ・マヨ行きに接続しています。この列車を捕まえると乗り継ぎの前後2つの列車に乗れる上、夕方ではなくお昼前にサンホセ・デ・マヨに着け先に進みやすい旅程が組めるので助かるというわけです。


★客車列車

 というわけでやってきた土曜の朝モンテビデオ新駅、左上の画像一番右の客車がそのFlorida行きです。編成はディーゼル機関車1+貨車1+客車5両の計7両となかなか堂々とした混合列車ですが、ホームが足らずかなりはみ出して停車中でした。塗色が濃緑に黄帯なのでなんだか中国の鉄道を思い出します。客車の銘板を見ると1977年ハンガリーのガンツ社製とのこと。

 特に座席指定はないので適当な車両のデッキに上がり、室内に入ると2+3のボックスが並んでいます。客車のうち1両は車内外にコカコーラの宣伝が派手にペイントされていて同形式ながら異彩を放っていました。

 ほぼ席が埋まったあたりで発車します。客層は家族連れや友達連れの行楽客ばかり。行楽客が多いのを狙ってか売り子さんも多数登場します。お菓子や飲み物はもちろんですが、釣り竿売りが複数来るのにはびっくり。行楽客の多くは郊外の川に出かけて週末を過ごすので釣り竿の需要があるわけです。


 先頭を見ると機関車の次はコンテナを積んだ貨車でした。混合列車というのはなんとなくうれしくなってしまいます。

 郊外に進むにつれ住宅地から乗り込む行楽客が増えていき、気がつくと通路までいっぱいの大混雑になってしまいました。皆荷物が多くデッキ付車両で乗降に手間取りどんどん遅れが広がります。行楽客だけにのんびりした雰囲気なのは救いですがこちらは金網とにらめっこ状態になりイライラ。

  金網がジャマで向かいの女の子もご機嫌ナナメ。お互いやんなっちゃうね。

 ラプラタ川に流れ込むSanta Lucia川の鉄橋を渡るときに下を見たら大勢の人が水遊びしているのが見えました。茶色の水でしたが…。行楽客の主な行き先はこの川のようで、Santa Lucia川の鉄橋を挟んだ前後のSanta Lucia駅と25 de Augosto駅で行楽客はどっと降りていきます。


★乗り換え駅

 かなり遅れて到着した25 de Augosto駅ではサンホセ・デ・マヨ行きがちゃんと接続とって待っていてくれました。行楽客の大半が下車したためここからはどちらの列車もガラガラです。左がサンホセ・デ・マヨ行き、右がFlorida行き(赤い客車が前述のコカコーラ塗装車)です。


★区間列車

 少々乗り換え時間をとった後は区間列車のサンホセ・デ・マヨ行きが先の発車でした。混んだ列車の後に空いた列車でホッとします。

 サンホセ・デ・マヨ行きの車内はデッキのない転換クロスシートの近郊客車になんとなく台湾のインド客車(回転クロスですが)を思い出します。荷物室は自転車置き場になっていましたが、荷物室の扉は高床でステップがないため下ろすのはちょっと大変そう。

 車窓はずっと広い草原が続きます。朽ちつつあるハエタタキは鳥が巣を作る格好の場所になっていました。


★サンホセ・デ・マヨ到着

 分岐駅25 de Augosto駅から45分ほどで終点サンホセ・デ・マヨ駅に到着。かつてさらに西に延びていた線路はここで途切れ終点になっています。定時なら昼前の11:35に着くはずが遅れで12:40になってしまいました。列車はすぐに機回しをして夕方折り返す準備完了。

 こちらは機回しを見物したところで西のコロニア・デル・サクラメントに向かうため駅にほど近いバスターミナルに向かいます。

(乗りバスの話は後編です。)


景色は乗った後に(遠距離館)ウルグアイもくじ>このページ

inserted by FC2 system