TEAの秘蔵っ子 FIAT7131気動車(TEA EL GRAN CAPITAN後編)


 前編で紹介したTEAの定期列車は長距離の客車列車ですが、イベントや貸切の時のみに使う気動車も所有しています。それを見せていただくため列車を見送った後Federico Lacroze駅の裏手にあるTEAの車庫に向かいました。特に看板もない車庫の門から入ると列車を送り出した後だけにのどかで、木が枝をのばし犬がのんびり寝そべる様子を見てなごんでしまいます。

 工房とでも言った方が似合うようなアットホームな雰囲気の空間で整備中の客車に混じりお目当ての気動車が奥に詰めていました。片運転台同士でCMU5968+CAU958の2両編成を組んでいて、見えているのはCAU958です。


 ではCMU5968のお顔を拝見。ナマズ850とといもむし3400を足したような感じですが名鉄にしろこの車両にしろおそらくアメリカのデザインの影響を受けているのでしょう。製造初年は1958年(この車両は1970年製)と案外古くありません。この顔の側の台車を覗いたところ3軸の面白いものでした。(他の台車は2軸)客室には転換クロスシートが並んでいます。


 CAU958側は地味な平面顔。といってもかなり柔らかい印象でなかなか好ましいスタイルです。運転室は左隅に寄っているためCMU5968側にくらべかなり狭くなっています。

 運転室が左に寄っていれば当然右が余りますが、そのスペースは喫茶準備コーナーになっていました。気動車の最前部でコーヒーの準備なんかしてるというのは想像するとなんだか楽しくなります。銘板を見るとFIAT MATERFERのものと近年更新をしたTEAのものが並んでいました。なんでも動かなくなっていたものを2007年にレストアしたとのことでうれしい話です。


 というわけで見るだけでしたが一度は乗ってみたいと思わずにはいられない魅力的な気動車でした。


景色は乗った後に(遠距離館)アルゼンチンもくじ>このページ

inserted by FC2 system