バルパライソのトロリーバス(後編)乗りバス


 前編・中編と「乗り」から離れた内容になりましたので、後編は沿線風景を。前編・中編で紹介したバスターミナル近くの折返所や車庫は路線の東側なので、東から西に向けて話を進めます。

 まずは乗り込みましょう。トロリーバスに乗るにあたり停留所らしきものがごく少なく、たとえ待合所の上屋があっても案内書きがないので面食らいました。とにかく人が集まっているところになんとなく停まるという感じです。みんな辻辻で適当に手を挙げては停めて乗っているので私もマネして乗っていました。

 扉は合板を加工したもので各車微妙にガラス窓の大きさが違い手作り感にあふれています。

 古い車両だけに床が高めですが、運転席はさらに一段高い位置にあるので運転士さんの視界は相当高いことになります。大きなアクセルとブレーキをパタコンパタコン踏みながら運転する様子はなんだかユーモラス。電車のように惰行をうまく使いながら走るところが面白く感じました。なおかぶりつきの「マニア席」はロングシートなので前面窓で高いことと併せやや前が見にくい感じです。


 路線の東側は複線でArgentina通り、Colon通りと走りますが、西の中心街に入ると街路が狭く一方通行が多いので8の字を描き上下別の経路を通ります。ただ狭いと言っても道の広い複線区間に比べればの話で、一方通行ということもあり狭隘路線という感じではありません。

 架線下をふさぐクルマがいても追い越すことができるのはトロリーバスの大きな利点ですね。そういう意味では線路しか走れない路面電車より狭い街に向いているのかも。もっともあまり狭いと今度は追い越すスペースもないわけですけれど。


 西端の折返所、Aduana広場に着きました。ここでトロリーバスは方向を変え東側に戻っていきます。目の前で上下しているのはトロリーバスと並ぶバルパライソ名物の乗り物「アセンソール」(ケーブルカーやエレベータ)。港が近くなのでコンテナも見えます。


 東端には廃止になった路面電車の線路が残っていました。これも残っていたらなあ。後編の最後は西に戻り、複線区間の車窓でシメることにします。頻度が高く次々にやってくるのもうれしい点でした。

 というわけで前・中・後編に分けて進めたバルパライソのトロリーバスの話を終わりとします。乗っても見ても楽しい古い車両ががんばるバルパライソは路線規模は小さくともトロリーバスの聖地と言いたくなるような雰囲気がありました。


景色は乗った後に(遠距離館)チリもくじ>このページ

inserted by FC2 system