ワイト島の電車


 イギリス南部、ワイト島(Isle of Wight)の東側に第三軌条式で電化されている鉄道(Island Line Trains)が伸びています。ここに古い電車が走っているというので乗りに行くことにしました。


★海上の駅

 この電車に乗ろうという場合、まずはイギリス本土南海岸沿いの港町ポーツマス(Portsmouth)に行くことになります。この町にあるポーツマス港駅(Portsmouth Harbour)はロンドンやブリストルなどからの列車が着く行き止まりの駅で、フェリー乗り場が隣接し列車からワイト島に向かうフェリー(Wight Link・公式サイト)にすぐ乗り継ぐことができる構造です。このフェリーに乗り22分で着くワイト島のRydeというところがお目当ての電車が出ているところなのですが、ここがちょっと変わっています。

 Rydeの海岸線は水深が浅いため、船着場は陸地から681mも伸びる長い桟橋の先です。電車はこの桟橋を走って船着場に隣接するRyde Pier Head駅まで足を伸ばし、フェリーとすぐに乗り換えができるようになっています。なので船着場と駅は陸地から遠い海上ということになるわけです。

 下の画像がそのRyde Pier Head駅。電車は元ロンドン地下鉄のClass483、1938年メトロキャメル製で2両編成を組んでいます。Island Line Trainsの営業車両はこの一車種のみで、Ryde Pier Head駅からワイト島東部を南に向かいShanklinというところまで約13kmを結んでいます。


 桟橋を走る様子。訪問時は並走する道路側の線路しか使われておらず、使われていない側はレールが真っ赤に錆びていました。それにしても広々とした海の上を元地下鉄の小さい第三軌条式電車が走る図というのは不思議で面白い光景です。そういえば片側に3つついてる前照灯の配置も妙な感じかも。


 車内を見てみます。かなり改装されていますが木製の部品も多く暖かい雰囲気。車体中央部にはクロスシートが並び車端部はロングシートという座席配置です。車掌さんは連結妻面にある操作盤で扉を扱いつつ車内を歩き回って切符を売らなければならないのでなかなか大変そうでした。(切符はイギリス本土の一般列車と同様の体裁のもので端末での発行)


 扉は車端部の片開きと中央の両開きの混合で、各扉ごとにスイッチがあり乗降するお客が自分で開閉する方式。ロンドンの地下鉄で連呼されていることで有名な「Mind the gap!」という言葉はここワイト島の駅ホームにも大きく書かれています。これだけ段差があって開閉ボタンに気をとられたらつまづきやすそうですね。なお連結面の扉に幌はなく乗客は通行禁止で車掌さんのみ通行できます。


 あっさりした雰囲気の運転室は狭く窮屈そう。運転士さんに最高速度を聞いたところ45マイル、つまり約72km/hとのことでした。


★腕木信号機と車庫

 海上のRyde Pier Head駅から2駅目に車庫のあるRyde St. Johns Road駅があります。ここで運転士さんの交代もあるのですが、運転室の扉は車体上部の弧の部分まで伸びていないため窮屈そう。赤いこともあって今はなき名鉄パノラマカー2階運転室の出入りシーンを思い出しました。

 Ryde St. Johns Road駅の南側は腕木信号機によって守られています。南行の出発信号機、北行のこの駅到着前の遠方信号機と場内信号機が腕木でした。集電用の第三軌条が加わる複雑なレールに腕木と信号扱所、そして70歳を越える元ロンドン地下鉄の古い電車、何とも言えない面白い組み合わせです。

 

 南行の列車はこの駅を出ると次の停車駅Bradingまで5km以上あるのでスピードを増し、あまり建物も見えないような牧歌的な風景の中釣り掛けの唸りと頻繁なジョイント音が一緒になった素晴らしい乗り味を楽しめました。最高速度72km/hというのは数字だと大したことないような気がしますが、古いのみならず地下鉄用ともなればおそらく高速域はあまり重視されていないでしょうからその分迫力が出ているのかも。

※Ryde St. Johns Road・Brading間には保存鉄道「ワイト島蒸気鉄道・Isle of Wight Steam Railway」との接続駅Smallbrllk Junction駅がありますが多くの列車は通過します。


★Shanklin駅

 北端のRyde Pier Headから25分弱で南端のShanklin駅です。棒線一本だけのローカル終着駅に架線がないと一瞬非電化路線みたい。海上の駅に始まり町に田舎にと変化に富んだ路線で古い電車に乗るのは文句なく楽しいものですが、ロンドンの地下を走っていたこの車両もこんな老後になるとはさぞびっくりだろうなあとしみじみ思ってしまいました。

 かわいらしい駅舎を出るとバス停があり、ワイト島の中心Newportに向かう3系統のバスがここを経由しています。これに乗って2階最前列に陣取ると茅葺屋根の建物に旧市街、牧場に海とのんびりした風景が次々と続く気持ちのいい乗りバスができました。(2011年訪問)


景色は乗った後に(遠距離館)イギリスもくじ>このページ

inserted by FC2 system